千原櫻子日記

酷暑エジプト旅行記(5) カメラに手を振るこども達

(4)回の終わりでエジプト人は人懐っこいという話をしましたが
これがこどもになると観光バスに向かって満面の笑みで手を振ってくるんですよ!
別に物売りでもなんでもなくて、ただ外国人が嬉しくて(?)思わず手を振っちゃう、そんな感じでカメラを向けられるのも好きみたいなの。

b0025511_2152690.jpg

クローズアップしてみましょう。
b0025511_21523961.jpg

ね、振ってるでしょ?


絨毯店で絨毯織っている女の子も撮られるのが好きみたいでカメラに向かって微笑んでくれます。
b0025511_21543288.jpg

この後、奥の黄緑の服の女の子が「自分も撮って」とアピール(笑)かわいい。


ルクソールからエドフに向かう道での通りすがり。
b0025511_22368.jpg

民族衣装のガラベーヤを着た男の子も手を振ってます。


b0025511_2242479.jpg

カイロのモハメッド・アリ・モスクで。社会科見学に来てたっぽい子達。この写真だとおとなしそうですが初めはこちらに向かってもう蜂の巣を突ついたような感じで大騒ぎ、先生に怒られて収まってるとこ。


他にもアスワンの『切りかけのオベリスク』の土産物屋にいた10歳くらいの男の子は私がバッグに付けてたフマキラーの「どこでもベープNo.1」を見て「何?これなに?!なんなの?!」と興味津々にくっついて来たり。
http://www.fumakilla.co.jp/products/insect/2006_02neo.html

それが大きくなって”商売人”になるとこれがクセ者で…
と、この話はまた別の機会に。「アブシンベル編」をお待ち下さい。
[PR]
by chihara-yohco | 2006-08-25 22:14 | 旅行記